Googleマップのユーザーフォロー機能とは?

質問

店舗を運営している皆さん、こんにちは。

今回は店舗向けのGoogleビジネスプロフィールの機能の紹介ではなく、Googleマップのユーザーフォロー機能についてご紹介したいと思います。

ユーザーフォロー機能はもう数年前からある機能で、以前にもこちらで記事にしているのですが、今回はあらためてユーザーフォロー機能がどういった機能なのか、どんな利用方法ができるのか紹介します。

Googleマップのユーザーフォロー機能とは

Googleマップのユーザーフォロー機能とは、Googleマップ上で他のユーザーをフォローすることができる機能です。

フォローすることで、そのユーザーが投稿したおすすめのスポットやルート情報、レビューや写真などを簡単に見ることができます。また、自分の趣味や興味に合った情報を効率よく入手できるようになり、フォローしたユーザーの投稿を見逃さずチェックできます。

さらに、フォローしたユーザーが作成した公開リストも閲覧したり共有できるため、観光ルートや散策コースの情報も得ることができます。

ユーザーをフォローする方法

Googleマップでユーザーをフォローするには、Googleビジネスプロフィールに投稿されている「クチコミ」「写真」「Q&A」などから気になるユーザーを見つけ、そのユーザーのアイコンや名前をタップするとユーザーのプロフィールが表示されます。

そのプロフィールに「フォロー」というリンクがありますのでそこからフォローする事ができます。

また、Googleマップアプリの左下にある「スポット」をタップすると、あなたがいる近辺のビジネスプロフィールに関する投稿が表示され、その投稿をしているユーザー情報からもフォローする事ができます。

ユーザーのプロフィールにはそのユーザーのフォロー・フォロワー一覧も見る事ができ、そこからフォローをしていくことも可能なので、興味の近いユーザーのフォロワーをフォローするということも可能です。

ユーザーが公開したリストの閲覧方法

Googleマップに掲載されている店舗情報は保存して自分用のリストにする事ができますが、このリストは公開する事ができます。

通常公開しなければ、自分だけのリストですので非公開リストとなっていて他の人に見られることはありませんが、リストを公開することで他のユーザーに共有する事ができます。

フォローしているユーザーがリストを公開している場合、そのユーザーのプロフィールページ(通常クチコミが表示されている)でスクロールしていくと、「リスト」というセクションが表示され、そのリストを見る事ができます。

例えば、おすすめのラーメン屋リストを作成して公開すれば、他のユーザーがそのリストを見たり共有したりする事ができます。

自分のGoogleマップの口コミや写真の投稿一覧を他のユーザーに見られたくない場合

Googleマップの口コミや写真などの投稿そのものを非公開にすることはできませんが、自身のプロフィール画面から過去の投稿一覧などの閲覧を制限する事ができ、これらを閲覧するにはフォローを必須にする事ができます。

地元での投稿が多かったり、ストーカー被害などおそれがある環境にある方はこちらの設定をおすすめします。

設定方法は以下の通りです。
1. Googleマップアプリを開きます。
2. 画面右上の自分のアイコンをタップします。
3. 「プロフィール」をタップします。
4. プロフィールが表示されたら右上の「3点リーダー」メニューから「プロフィール設定」をタップします。
5. 「制限付きプロフィール」をONにします。

以上で設定は完了です。
これであなたの過去の投稿一覧が一般に公開されることはなくなり、フォロワーに限定する事ができます。

フォロー機能によって期待できるGoogleマップの未来

ユーザーフォロー機能によって、今後Googleマップは以下のように進化していく事が期待できます。

  1. コミュニティの発展: フォロー機能により、Googleマップ上でユーザー同士がより密に情報を共有することができるようになります。これにより、コミュニティが発展し、新たな知識や情報が共有されることで、Googleマップの情報の質が向上する可能性があります。
  2. パーソナライズされた情報: フォロー機能を利用することで、各ユーザーは自分の興味・趣味に合った情報を簡単に収集できるようになります。これにより、Googleマップはよりパーソナライズされた情報提供が可能となり、ユーザーにとって利便性が向上します。
  3. ローカル情報の活用: ローカルな情報や隠れた名所など、従来はなかなか広まりにくかった情報が、ユーザーフォロー機能を通じて広まる可能性があります。これにより、観光客や新たな地域の住民が地元の魅力を発見しやすくなると考えられます。
  4. ビジネスプロフィールとの連携: 今後、企業やお店などもGoogleマップのユーザーフォロー機能を活用することが考えられ、これにより、お得な情報やイベント情報がリアルタイムで届けられるようになり、ビジネスとユーザーがより密接につながる可能性があります。

ユーザーフォロー機能が今後Googleマップにもたらす変化は多岐にわたりますが、コミュニティの発展やパーソナライズされた情報提供、ローカル情報の活用、ビジネスとの連携などが主な要素となるでしょう。これらの変化を通じて、Googleマップはより便利で魅力的なサービスへと進化していくと期待できます。

以上、今回はGoogleマップのユーザーフォロー機能について解説させて頂きました。
ぜひ皆さんもGoogleマップをユーザーとしても有効活用してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

複数店舗のGoogleビジネスプロフィールとSNSを連携して一括更新できるようになりました!
詳しくはこちら
0
LocalBase管理者 1年 0 回答 1385 表示 0

回答を残す

この質問に回答するにはログインするか無料登録して下さい