Googleマップのイマーシブビューとは?MEO対策に使える?

質問

店舗を運営されている皆さん、こんにちは。

先日、東京お台場のビーナスフォート跡地に「イマーシブ・フォート 東京」という施設が誕生しました。

この施設は、様々なストーリーや世界観をまるでその中に自分が入り込んでしまったかのように体験できる没入型のテーマパークです。

イマーシブとは没入感の訳で、そこに入り込んだような体験や感覚のことを言います。

さて、今回の記事のテーマはGoogleマップのイマーシブビューについてです。

先に解説した通り、イマーシブ=没入感、つまりGoogleマップの中でまるでそこにいるかのような体験や見え方ができるのが、イマーシブビューということになります。

今回はこのGoogleマップのイマーシブビューについて紹介していきたいと思います。

Googleマップのイマーシブビューとは

皆さんはストリートビューは利用したことがあるかと思いますが、イマーシブビューはこの進化版と捉えて頂いて間違いありません。

ストリートビューは上下左右360度の写真によって、その場所を点と点で繋ぐように移動しながら風景や屋内などを見ていくことができます。

イマーシブビューは、このストリートビューと航空写真等をAI技術を利用して3D化し、点と点で移動するのではなく、さもその中にいるかのように線で移動していきながら自由に見ていくことができるサービスです。

Googleは昨年このサービスを開始し、一部の地域(日本では東京)で利用が可能になっています。

実際に体験してみましょう。

お手元のスマホでGoogleマップアプリを立ち上げて「東京タワー」と検索してみてください。

するとこのような画面が出てきて、写真の一番最初にイマーシブビューという表示ががあるかと思います。

これをタップすると、東京タワーから始まってまるで空を飛んでいるかのように東京の街を自由に動き回れると思います。

ストリートビューやGoogleアースに近いような機能機能ですが、そこにあるのは立体の仮想世界で、上手に操作すると隅々まで見にいくことができます。

これが、Googleが提供する地図を活用した新しいサービスです。

イマーシブビューは屋内でも利用可能

上述したのは屋外のイマーシブビューですが、これは屋内でも利用可能になっており、Googleビジネスプロフィールに紐付け事もできます。

今度はGoogleマップアプリで「MOMOパラダイス新宿東口店」と検索してみてください。

すると以下のような画面が出てきて、同じように最初の写真にイマーシブビューという表示があると思います。

こちらのイマーシブビューでは、店内を散策できるようになっています。

ストリートビューと違うのは360度写真が撮られた位置に移動していくのではなく、シームレスに移動ができ店内は写真ではなく3D化された表示となっている事です。

これにより、例えば飲食店はもちろん体験型の施設、企業のオフィス、ホテルなど、これまで以上に実際のイメージに近い雰囲気を離れたところで感じることができます。

Googleビジネスプロフィールにイマーシブビューを設定する方法

さて、それでは店舗のビジネスプロフィールにイマーシブビューはどうやって設定すれば良いのかというお話しになってきますが、残念ながら現時点ではこれを自由に設定するための機能が提供されていません。

東京の街などはGoogleが自動的に生成したものと思われますが、ではMoMoパラダイスさんはどのように店内にイマーシブビューを追加したのかという話になりますが、推測の域を出ませんが恐らくGoogleと協力して試験的に導入したものであると考えられます。

ということで、現時点ではイマーシブビューを設定することはできないという残念な記事になってしまいますが、今後自由に設定できるようになったり、これを得意とする業者などが出てくるようになるかもしれません。

MEO対策におけるイマーシブビューの効果の有無

これははっきり言えますが、まだMEO対策(GBP検索結果の表示順位という意味で)においては何の効果もないと言えます。

しかし、今後これの有無によりランキングに影響が出る日がくるかもしれませんし、自由に設定ができるようになると、これの有無によって顧客の来店動機の一つになる可能性もあります。

イマーシブビューはそのようなものと今はお考え頂ければと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

複数店舗のGoogleビジネスプロフィールとSNSを連携して一括更新できるようになりました!
詳しくはこちら
0
, LocalBase管理者 1か月 0 回答 114 表示 0

回答を残す

この質問に回答するにはログインするか無料登録して下さい