競合店のGoogleビジネスプロフィールを評価したり比較する時のポイント

質問

店舗を運営されている皆さん、こんにちは。

Googleマップでの集客はお店にとって非常に重要ですよね。

競合店舗のGoogleビジネスプロフィールを分析し、自分の店舗の改善点を見つけましょう。

今回は、競合店舗のプロフィールを評価するための7つのポイントをご紹介します。

競合店のレビューをチェックする

競合店舗のレビュー点数を確認し、自分の店舗と比較してみましょう。高評価の理由を分析し、自分の店舗でも取り入れられる要素があれば参考にしてください。逆に、低評価の原因を把握し、改善策を検討しましょう。

レビュー数が多いほど信頼性が高くなります。自分の店舗と競合店舗のレビュー数を比較し、差を見つけましょう。レビュー数が少ない場合、積極的に顧客にレビューを投稿してもらう取り組みが必要です。

点数だけでなく、実際のレビュー内容も重要です。良い評価の理由や悪い評価の原因を把握し、改善点や強みを見つけましょう。また、顧客が何を求めているのか、具体的な意見や要望を確認して、対応策を考えていきましょう。

競合店の更新状況をチェックする

競合店のGoogleビジネスプロフィールの更新頻度や更新内容のチェックは重要です。Googleは、まったく更新されていない情報の古い店舗よりも、オーナーによる情報の更新頻度や情報の新しさも評価しています。

更新頻度をチェックするには、以下の項目をチェックしましょう。

・写真の投稿頻度や枚数

・最新情報の投稿頻度や内容

・口コミの返信状況や内容

これらの更新状況をチェックし、競合よりもより高品質で高頻度な更新を心がける事が重要です。

競合店のビジネスプロフィールの情報充実度をチェックする

競合店のビジネスプロフィールの充実度をチェックします。ビジネスプロフィールの充実や完成度の高さはGoogleからの評価に影響します。

・電話番号、URL、営業時間、予約URLなどの基本情報

・商品やサービス、メニューなどのラインナップ情報

・ビジネスの説明の文章量や内容

基本情報はもちろんですが、ラインナップ情報やビジネスの説明文などでは、文章内でのキーワード含有量もチェックし、ランキングへの影響度を確認しましょう。

競合店のビジネスカテゴリをチェックする

ビジネスカテゴリはGoogleビジネスプロフィールがどういう店舗かを正確にGoogleに伝えるための最もシンプルで重要な手段です。競合のビジネスプロフィールがランキング上位表示されている場合、その店舗のカテゴリ構成をチェックして参考にしましょう。

競合店のカテゴリをチェックするには、「GMB SPY」という無料のChrome拡張機能を利用することがおすすめです。下記の画像のように店舗を選択するとその店舗のメインカテゴリと追加のカテゴリが確認できるようになっています。

非常に簡単に利用できますが、使い方がわからないという方はお気軽にご相談ください。

競合店のWebサイトのSEO対策状況をチェックする

Googleビジネスプロフィールは、店舗のWebサイトURLとして設定しているページのSEO対策状況が影響しています。

ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。(Googleヘルプより引用)

https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja#zippy=%2C%E8%A6%96%E8%AA%8D%E6%80%A7%E3%81%AE%E9%AB%98%E3%81%95

Webサイトの内部SEO対策の状況を見るだけでも、競合店がどの程度意識をしているか分かります。title属性やdescription属性はキーワードを含有するのが一般的になっていますので、それはもちろんですが、それ以外の点を見てみると良いでしょう。

・見出し属性の使い方や構成

・画像へのalt属性の入れ方

・構造化データの有無

・ページ全体のキーワード分量の構成など

そもそもの知識も必要ですが、競合分析をしようと考えた時、分析するための基本知識は重要です。

簡単な内容でも構いませんのでSEO対策の知識は覚えておくことをおすすめします。

複数店舗のGoogleビジネスプロフィールとSNSを連携して一括更新できるようになりました!
詳しくはこちら
0
LocalBase管理者 1年 0 回答 269 表示 0

回答を残す

この質問に回答するにはログインするか無料登録して下さい