Googleビジネスプロフィール(旧マイビジネス)の検索順位を正しく計測する方法

質問

店舗を運営されている皆さん、こんにちは。

Googleビジネスプロフィールからの集客効果を測る指標の一つとして「検索結果順位」を見ている方は多いのではないかと思います。

よくある方法としては、Google検索やGoogleマップで「キーワード」を入力しその結果、自分の店舗は何番目に表示されていて競合店舗は何番目に表示されているのかを定期的にチェックする方法です。

しかし実はこの方法、いくつか問題点があり、一般のユーザーが検索するのとは違う検索結果が表示されている事が多くあります。

今回は、なぜ正しい検索結果が表示されないのか、どうすれば正しい検索結果を測定することができるのかをご紹介します。

Googleビジネスプロフィールの検索結果の表示順位はユーザーによって異なる

Googleビジネスプロフィールは、お店側(あなた)ではどうすることもできない検索結果順位に影響する項目が3つあります。

  • 検索ユーザーが今いる場所
  • 店舗の所在地
  • 検索ユーザーの過去の検索履歴
     

「検索ユーザーが今いる場所」については、例えば大阪駅、東京駅で全く同じキーワード「カフェ」とGoogleマップで検索を掛けると、その検索結果は全く異なるものになる事は想像できると思います。

これは、東京/大阪ような広範囲ではなくても同じで、数百メートルの場所の違いでも検索結果は異なります。

あなた自身が毎日測定のために、お店や会社で検索結果を表示しているとしたら、それは本当に多くの検索ユーザーがいる場所になっているでしょうか。

少しでもそれに近い状況にするのであれば、例えば駅前や住宅地の真ん中など人が多くいる場所で検索する必要があります。

「店舗の所在地」については不動のものなのでどうすることも出来ません。

「検索ユーザーの過去の検索履歴」については、どちらかというと検索をするユーザーの影響よりも、検索順位を計測しているあなた自身に問題がある事があります。

あなた自身も検索をしているユーザーで、自分の店舗や競合の店舗を閲覧していると思いますが、それをGoogleは学習し、よく見る店舗やそれに近い属性の店舗を上位に表示するアルゴリズムが働きます。

つまり、フラットな状態に近い一般のユーザーよりも自分の店舗が上位表示されるなど影響を受けた状態になりやすいという事ですので、これでは正しい検索順位を測定することが出来ません。

シークレットウインドウやプライベートモードを利用して検索する

シークレットウインドウやプライベートモードを利用して検索すると、フラットな状態での検索結果が表示されますので、あなた自身の過去の検索履歴の影響は受けません。

これで「検索ユーザーの過去の検索履歴」の影響を受けずに可能な範囲でフラットな状態での検索結果を表示することが出来ます。

しかし最も重要な「検索ユーザーが今いる場所」は指定出来ませんので、これはあなた自身が今いる場所になります。あなたが今いる場所は多くのユーザーが集まる場所にあれば良いですが、そうでない場合、その場所に行って検索する事が正しい検索結果になります。

しかし、それを定期的に実施するのは大変ですよね。でも面倒だからいいやで意味がありません。そんな時は無料のツールを利用しましょう。

完全無料で毎日自動的にフラットな状態で位置情報を指定してGoogleビジネスプロフィールの検索結果順位を測定する方法

当社が提供している「LocalBase」では完全に無料で使える機能として「検索結果順位測定」があります。

この機能では3つまでキーワードを指定することができ、検索ポイントを設定することが出来ます。

検索キーワードや測定場所設定

上記のように設定をしておくと、毎日自動的にLocalBaseが測定してくれて、その結果を表示してくれます。

Googleビジネスプロフィール検索結果

もちろんこの検索結果はユーザーの過去の検索履歴などは影響されないフラットな状態ですので、「シークレットモードで設定した場所で検索した結果」が表示されていると思ってもらえればわかりやすいと思います。

もし、あなたが毎日検索結果を測定しているとしたら、ずっと無料で使えるこの機能をぜひ活用してみて下さい。こちらから無料登録で利用できます→ https://localbase.co/
 

複数店舗のGoogleビジネスプロフィールとSNSを連携して一括更新できるようになりました!
詳しくはこちら
0
LocalBase管理者 8か月 0 回答 257 表示 0

回答を残す

この質問に回答するにはログインするか無料登録して下さい